ドイツの大学教授が日光白根山で遭難か 学会で来日

●ドイツの大学教授が日光白根山で遭難か 学会で来日

今日私が注目したエンタメニュースはこれです。

 栃木県警は24日、栃木、群馬県境の日光白根山(2578メートル)に登るため栃木県日光市を訪れたドイツの大学教授マーチン・ホフマンさん(52)が行方不明になり、遭難した可能性があると明らかにした。日光署員が捜索に向かったが、悪天候のため断念。25日早朝から捜索を再開するとしている。

詳しくはコチラへ
http://rss.rssad.jp/rss/artclk/yTh.Z2tOIkca/53819c1115797e4ad03824ebebac3230?ul=Y17U.ikphy2DzolMTTL0gbjCQYI.DIny9KjgfiqouUYUR0K_Z3p_yCTUj8_29l5puoaP6nS06eydUCTVmN1ai4KR69mPmgN6SjJvfngXThtSd8.cm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする