大阪の書籍、世界へ発信

●大阪の書籍、世界へ発信

なるほど!と思ったエンタメニュースはこれです。

大手出版社が東京に一極集中し、全国流通の販路を固めるなか、十分な販路を持たない大阪の中小出版社が、電子書籍で新たな活路を見いだそうとしている。「大手のベストセラー本ではなく、初版数百部の本でも世界流通が可能になった。中小の出版社にもチャンスが来た」と大阪発祥の老舗出版社は意気込む。

詳しくはコチラへ
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120623/ent12062320050013-n1.htm

三次元マスク 50枚

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする