市川染五郎 2年目にかける熱い思い

●市川染五郎 2年目にかける熱い思い

えっ!と思ったエンタメニュースはこれなんです。

 昨年4月に新開場し、初の新年を迎えた歌舞伎座に、早くも2作目の新作歌舞伎が登場する。劇作家、井上ひさしが10年をかけ、縁切りにまつわる男女の悲しみと喜びを書いた時代連作集「東慶寺花だより」の舞台化(今井豊茂脚本、大場正昭演出)。2日初日を迎える「寿新春大歌舞伎」夜の部で、“初尽くし”の幕が開く。

詳しくはコチラへ
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140105/ent14010507010001-n1.htm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする